デラウェア

 

 

デラウェアはアメリカ東部のオハイオ州デラウェアで発見されたぶどうの品種です。アメリカ系の品種とヨーロッパ系の品種の雑種と言われています。日本には明治時代に入ってきました。デラウェアは濃紅色の小粒で糖度が高い、種無しぶどうで、長年、手ごろな価格のため庶民に親しまれてきたぶどうですが、近年は手ごろな価格の大粒の品種なども増えてきてため以前と比べると生産量は相当数、減ってきています。デラウェアの種がないのはもともと種がないと言う品種だからではなくジベレリンというホルモン剤に房を漬けることによって種が出来ないように処理をされたものです。

 

日本での主な産地は山形県、山梨県、大阪府、島根県などです。デラウェアはハウス栽培も盛んで山梨県などのハウスものは早い物だと4月から出始めるものもあります。ハウスものの多くは6月ごろが一番出荷が多く、路地ものは産地によって気温差があるため若干の違いはありますが、7月下旬から9月頃までが収穫の旬の時期となります。デラウェアの保存の最適温度は2度程度と言われ、きっちり保存できれば1ヶ月は持つと言われています。

Comments are closed.