ニューナイ

 

 

ニューナイは中国原産の白色品種のぶどうです。果粒は楕円形をしており。糖度は18度から20度、一粒の重さは7gから9g、一房の重さは350gから700g程度の完熟すると他のぶどうにはないミルキーな甘さが特徴です。果皮も気にならない程度の薄さで皮ごと食べることも可能です。緑色をした果粒が熟してくると乳白色に変わり、完熟期にはうっすらとしたシミが現れてきたりします。種ありのものと種無しのものとがあります。

 

原産国の中国ではニューナイとは牛の乳のことを意味するそうで、味がミルクの味と香りに似ていること、果粒が牛の乳頭の形に似ていることからニューナイと命名されたといわれています。熟期は9月上旬頃となり、果粒自体はしっかりとなっており、一粒一粒が取れたりすることがないので輸送には適した品種といわれます。ニューナイは食べごろには実がしまってパンパンに張ったような状態になるようです。食べるとサクッと音がしてあっさりとした上品な味が印象的なのだとか。市場出荷のほか贈り物や観光地での販売など、どんな販売の仕方にも適応できるのだとか。これから、もっともっと人気が出そうなぶどうです。

Comments are closed.